初心者におすすめの投資信託の証券会社の手数料・金額比較

a0002_003654

転職サイトに2、3個登録し、自分の市場価値を確かめることをお勧めします

2018年最新 ▼当サイトで申込みが多い転職サービスはこちら

【1位】 リクナビネクスト 【未経験でも転職成功・適職無料診断】

【2位】 DODA(デューダ) 【10ヶ月連続!2位・非公開求人多数】

【3位】 BIZREACH(ビズリーチ) 【年収600万円以上の人材になれる】

多くの求人サイトがありますが、 人事採用担当者・転職エージェントの経験がある筆者が厳選しています。

資産運用の一つとして人気の投資信託。初心者だと、そもそもお金を預けることに対して不安に感じることもありますし、どこの証券会社でどういう投資信託を選べばよいのか迷ってしまいますよね。今回は投資信託を実際にやられている方に投資信託のインタビューをしてみました。

 株式投資はインターネットで簡単に

1960ad37e4f3e41a067bdd3da5b2c799_s
女性/20代

GMOクリック証券

株式投資を始めたきっかけは、銀行口座に預けていても金利が少ししかないと感じたからです。また昔と違い、今はインターネットで簡単に証券口座を開設することができ、タイムリーに株式を売買できる環境になったからです。

株主優待で食料品や日用品が!

初めてよかったことは、株主優待や配当金を受け取ることができる銘柄を持つことによって、銀行の金利以上の収入や優待での商品を得ることができることです。また株主優待の商品の中でも、食料品や日用品などの生活必需品やQUOカードなど、日常生活の中で使用できるものも多いのがお得です。

しかしデメリットもあり、株式を購入するタイミングなどによっては必ず元金が保証されるわけではないので注意も必要です。無理の範囲ではじめ、経験を積むことによって数多くのメリットが生まれてくると思います。

関連記事

松井証券で配当や優待がある銘柄に着目

a0001_016846
男性/40代

松井証券株式会社のネットストックを使用しています。

株式投資を始めたのは5年程前、後輩が株で結構稼いでいる…という事を耳にしたからです。そんなに稼げるなら、自分もやってみよう!という単純な理由でしたが、始めた当初は、事前にそれなりに勉強したつもりだったのに失敗ばかりで、2年目ぐらいまではずっとマイナス収支だったと思います。

投資で社会・政治情勢に詳しくなった

高値を追わない、ロスカットは早めに等、失敗で得た経験を活かせるようになって少しずつ利益が出る様になっていきました。配当や優待がある銘柄に着目する様になってからは大分安定して取引出来るようになりましたね。

投資をしてよかった点は、何と言っても社会・政治情勢に詳しくなった事ですね。以前は新聞も政治面は全く読まなかったし、為替レートさえ全く知りませんでしたので。取引が上手く行って大きな利益が出た時の喜びは、何物にも替え難いですね。

関連記事

 マネックス証券で投資して、時事に強くなった

a0002_001041
男性/20代

マネックス証券株式会社

私が株式投資を始めたきっかけは新卒の時に金融関係の会社に勤めたこと及び東日本大震災で株価が落ちきっていたためです。金融機関ですので時事に関するニュースは必須で、毎日の株価や為替状況を見ているうちに自分が投資ししてみたいという気持ちになりはじめてみました。

 その企業の良し悪しまでわかるように

株式投資をはじめてよかったことはなんといっても社会の流れや財務諸表、損益計算書を読めることになったことです。現在の仕事上企業の財務状況や損益計算書などを見る機会が多く、その企業の良し悪しやどういったところを改善すれば経営が上向くのかを以前よりわかってきました。

また株価は社会のニュースによって大きく上がり下がりするので必然的に社会のニュースに興味を持つようになり、日経新聞を毎日読むようになりました。時事に関して強くなりました。

 SBI証券で3万円以下の銘柄からスタート

a0002_001464
男性/50代

SBI証券

何とか財産を増やしたいと思い株式投資を始めました。株というとかなりの金額が必要だと思っていましたが意外に安い銘柄もあったからです。

始める前にはいろいろな書籍を読んで勉強をし、とりあえず3万円以下で購入できる銘柄を選び始めました。それまで経済なんかまったく興味もなかったのですが株を保持することにより経済、世界情勢についてのニュースを注目して見るようになって新しい世界が広がった感じでよかったです。

定期預金より財産が増える確率が高い

元々競馬などのデータ収集して行えるギャンブルが好きだったので私にピッタリの投資だと思いました。また、保持していれば配当や株主優待もうけられるので金利の低い定期預金よりも財産が増える確率は高いです(ノーリスクではありませんが)。

関連記事

SBI証券で投資して株主優待をもらう

a0790_001102
男性/20代

SBI証券

株式投資を始めたきっかけは、株主優待に関する記事を読んだことです。株主優待とは、特定の時期に株式を保有していることで年1~2回程度その企業の製品等を頂ける制度のことです。

「何もしなくても製品を貰うことができるなんて!」と思い、株式投資を始めてみることにしました。株式投資を始めてよかったことは2つあります。

何もしなくても贈り物をもらえる感覚

1つ目は、株式投資を始めるきっかけとなった株主優待を頂けることです。何もしなくてもただ株式を保有しているだけでその企業の製品を無料で手に入れることができるのは、改めて凄いことだと思います。また、同時に配当も頂くことができ、ささやかな贈り物を貰ってる感じです。

2つ目は、経済のことを気にするきっかけとなったことです。決して少なくないお金を企業に投資するわけですから、真剣にならざるをえません。

世の中の動きをより深く考えながら見ることが多くなりました。

本業以外の収入が欲しくて松井証券に

a0055_000590
男性/30代

松井証券

私が株を始めたのは本業以外の収入が欲しいと考えたからです。銀行の利息がほとんどない状況ですから資産運用をし少しでもお金を増やしたいと思いを初めてみました。

良かった事は経済ニュースをよく見るようになりまた本を読んだりし知識を広げたりできた事です。企業の商品やHPをチェックし良さそうなのが有りましたら調べたりし購入検討したりします。

配当や株主優待がお得

自分の株価が上がれば売却益で収入になり楽しむことが出来るので良かったです。下がることも有りますのでその時の判断で売却したりし次につなげたり色々考えて行動出来るから面白いと思います。

またずっと所持しとけば配当や株主優待がありお得な株も多いです。各企業で魅力的な優待をしてる株を買い所持してるのも良い。

投資信託のメリットまとめ

  • 保持していれば配当や株主優待がもらえる
  • 銀行の利息よりも配当金の方が大きい
  • 3万円などの小額から投資ができる
  • 株式投資、FXなどについても調べるので、社会情勢や経済に対して詳しくなれる

関連するコンテンツ