転職の年齢制限はある?年齢の割合、不問、統計などまとめ

photo-1522205940279-d75807ebcd91

転職サイトに2、3個登録し、自分の市場価値を確かめることをお勧めします

2018年最新 ▼当サイトで申込みが多い転職サービスはこちら

【1位】 リクナビネクスト 【未経験でも転職成功・適職無料診断】

【2位】 DODA(デューダ) 【10ヶ月連続!2位・非公開求人多数】

【3位】 BIZREACH(ビズリーチ) 【年収600万円以上の人材になれる】

多くの求人サイトがありますが、 人事採用担当者・転職エージェントの経験がある筆者が厳選しています。

今すぐ転職をしたい。だけど、年齢制限なしとは言うものの何歳くらいまでなら転職できるのか分からない。未経験や経験不問は、本当に大丈夫なんだろうか。転職で年収はどれくらい変わるのか。転職する人の割合はどれくらいいるのか。転職しない方が良い人など。そんな疑問を持つ方も少なくないようです。確かに、こういった悩みは周囲の人には打ち明けにくいものです。そこで、転職にまつわる様々な情報を紹介します。

転職の年齢制限はある?

photo-1507306989963-f618e20a4237

転職を考え始める理由の一つに、働く環境を変化させたい、年収を上げたいと言う考え方があるでしょう。では、転職活動に年齢制限はあるのかどうか。

結論から言いますと、転職に年齢制限なしと言えるでしょう。募集時に年齢制限を越えていたとしても、企業に採用される割合は決して少なくありません。年齢を超えていたとしても、それらを補うだけのスキルを有する人材であれば、企業に貢献することの出来る人材であると判断され、転職することが出来る可能性があります。

もし不安であれば、履歴書に年齢制限を超えている旨を一言添えておいたり、企業に直接確認を取るなど積極的に活動することも有効でしょう。しかし、注意しなければならないのが、そういったケースもあると言うだけであって、企業がどの様な人材を求めているのかを無視するわけにはいきません。企業側が若年層を人材育成と言う目的で長期雇用を望んでいる場合や、経験者を求めている企業に未経験で熱意だけを伝えられても難しいでしょう。

未経験、経験不問でも大丈夫?

photo-1432888498266-38ffec3eaf0a

転職するなら、未経験の仕事に挑戦したいと意気込む人も少なくないでしょう。しかし、求人に書かれている未経験、経験不問でも本当に大丈夫なのかと不安になっている人もいるでしょう。では、まずなぜ未経験者を募集するのでしょうか。

それは、企業にとって経験者としての習慣や癖のついた人材よりも、真っ新な未経験者の方が自分の企業の色に染まってくれる人材を育成できるからです。

しかし、未経験者の採用をしている企業の募集は、誰にでも平等にチャンスががあるせいか、求人割合が多くなる傾向にあります。そこで、いま働いている業界から未経験の業界へとどうして転職をしたいのか。なぜ、その企業に応募したのかなど、仕事に対する熱意や意気込みと言った自己アピール、志望動機を語れるかどうかが重要になります。少しでも興味がある仕事であれば、未経験だからと臆することなく、経験不問だからこそ挑戦することが大切です。

転職で年収はどれくらい変わるの?

いざ、転職をするとなると気になるのが、今の年収は転職することでどれだけ変わるだろうかということです。転職で、年収が高くなりやすい割合は20代後半です。その理由は、個人の実力の差が顕著に表れ始めるからです。

仕事を熱心にこなし、自身の能力を磨くことが出来れば、有利にキャリアアップすることも可能です。また、40代前半の世代も転職で年収が高くなる可能性があります。

それは、これまでのキャリアが買われ、転職をすることで新しい職場で役職に就く人が多いからです。家族を養うために、年収を下げる転職をしない選択をしていることが要因でしょう。

年収を上げる転職に必要なことは、これまでの経験や能力といった経歴が重要な要素になります。いくら、年齢制限なしや未経験、経験不問と書かれていても、年収を上げる転職をするならば、これまでの経験が活かせる企業の方が良いでしょう。

転職する人はどれくらいいるの?

では、実際に転職をした人はどれだけいるのか気になるところです。年間の転職者数は、およそ280万人から350万人と言われています。転職の意向がある人数を含めると600万人から700万人と言われており、多くの人が転職をしている、もしくは転職を望んでいると言うことです。社会人全体で転職経験のある割合を見ると、およそ社会人の半数以上が転職を経験しています。

そして、新卒で入社した新入社員の三分の一以上が三年以内に会社を辞めているという現状があります。転職の理由に、思っていた仕事と違いやりがいが無かった、給料が安いといった労働面での条件も少なからずありますが、それ以上に会社内の人間関係や、社内の風通しの良さといった働きやすさを求めて転職する人が多い様です。辞めるのは簡単ですが、安易に止めてしまうのは注意が必要です。しかし、理由があるのであれば、無理にその企業で働く必要はありません。転職すると言うのも、一つの手段なのです。

転職注意な人って?

こんな方は転職をするのは注意が必要です。他人からの評価と自己評価に大きくずれがある方は要注意です。特定の環境下や周囲のサポートがあったにもかかわらず、全て自分の実績だと勘違いしたまま転職活動に望み、仮に転職することが出来たとしても、労働環境の変化から、思うように働けない可能性があります。

また、逆に自身を過小評価していることもあり、これも自身の評価を正確に行えていないことになります。転職活動は、自分自身だけで評価をするのではなく、客観的に自身を評価して貰うことが重要になります。

当然、自身を理解することが出来れば、それだけ自身にとって最良の転職活動を行うことも出来ます。高い年収を重視したいのか、自分の時間を確保することを重視するのか、また未経験から新しい挑戦をしたいのか。自身の分析をしっかりと行うことで、自身の適正にあった転職を行いましょう。

関連するコンテンツ