転職の最適なタイミングとは。結婚、子供、縁など事例紹介

photo-1522165078649-823cf4dbaf46 (1)

転職サイトに2、3個登録し、自分の市場価値を確かめることをお勧めします

2018年最新 ▼当サイトで申込みが多い転職サービスはこちら

【1位】 リクナビネクスト 【未経験でも転職成功・適職無料診断】

【2位】 DODA(デューダ) 【10ヶ月連続!2位・非公開求人多数】

【3位】 BIZREACH(ビズリーチ) 【年収600万円以上の人材になれる】

多くの求人サイトがありますが、 人事採用担当者・転職エージェントの経験がある筆者が厳選しています。

人生の転機や環境の変化によって、「このまま今の仕事を続けてもいいのか?」と悩むこともありますよね。ただ仕事に不満を持って辞めるのではなく、未来を見据えて前向きな理由で転職ができれば、より豊かな人生を歩むことができるでしょう。ここではそんな転職の最適なタイミングはいつなのか、どんな例があるのかを紹介していきたいと思います。

人生の転機は仕事の転機!結婚

photo-1477453559950-e541fa922120

転職を考えるタイミングと聞いて、まず思い浮かぶのは結婚でしょう。結婚が決まると、夫婦となる2人の生活や今後のビジョンを考える機会は格段に増えます。

今まで他人だった男女が夫婦となった時、今後の2人のありかたを考え始めた時が転職のタイミングです。女性の中には結婚を機に、専業主婦になったり正社員からパートへ勤務形態を切り替える方もいるかと思います。共働きで働く上でも、お互いの生活リズムが明らかに合わない仕事だとストレスの原因になりますよね。

ここで挙がる転職とは、自分1人のためだけでなく、大切なパートナーのことも考えた上での選択肢です。将来を見据えた計画を立てていく上で見つかった不安点を取り除くために、転職を考え始めるようになるのです。まずは夫婦で話し合って、お互いの仕事は夫婦生活において支障をきたしていないかをより考える必要があります。

子供ができたら、家庭との両立可能な仕事探し

photo-1517817748493-49ec54a32465

結婚を経てさらに、将来の人生設計を現実的に考えないといけない場面は、子供の誕生ではないでしょうか。妊娠がわかった時、女性は今までのように働くことはできません。今の会社が育休を認めなかったり、産後の仕事復帰に難色をしめすような職場だったら困りますよね。より女性が働きやすい会社を探すため、転職を始める例は少なくありません。

転職時の子供について

子供の存在は、母親だけでなく父親にも影響を及ぼします。子供の行事に父親も参加するという事態になった時、休みが取れない仕事だったら子供は悲しむでしょう。独身だった時以上に、ライフワークバランスを考えた転職を志す男性は多いようです。

もちろん、子供が成長するにあたってかかる教育費、イベント、金銭面の心配ごとも増えますよね。子供ができるということはそれだけ不確定要素が増えることですし、それに伴いより良い環境を求めて転職するのはタイミングとして正しいと言えるでしょう。

30代からの転職、これが年齢的なラストチャンス?

年を重ねるタイミングで、転職を考える例もあるようです。一般的に転職は年を取れば取るほど難しいとされています。その中である程度仕事上での経験を積み、まだまだ働き盛りと言える30代は転職のラストチャンスとも言えるでしょう。

40代の転職について

40代を過ぎてしまうと、余程のアピールポイントや実績が無い限り転職は難しく、もし転職できても前職より給与が下がるパターンは数知れません。30代になって転職を考える方は、自らを振り返り、これ以上年齢を重ねる前により良い環境を目指して転職活動をするようです。ただしこれには、注意すべき点があります。

転職先も同業同職種を目指す方なら今までの経歴や実績がそのままアピールポイントになりますし、20代にはない豊富な経験が武器になります。

問題は全く未経験の仕事を目指そうとしている方です。未経験の職種での転職は、20代に比べて30代はかなり厳しい傾向にあります。どうしても諦めきれなかった憧れの仕事に就きたいなど、未経験職種を志望する場合はしっかり根拠となる理由を述べられるようにしましょう。

ボーナスもらったら転職!もあり?

転職を考えているけれどなかなかタイミングが無い、という方が選ぶ選択肢の一つに、「ボーナスが支給された後に転職する」というものがあります。

一般的な会社は、夏と冬の2回ボーナスが支給される所が多いのではないでしょうか。それをもらえるまでは今の仕事で頑張る、という考え方は合理的ですし、辞めるまでのモチベーションにもなります。中にはボーナスをもらうだけもらって辞めるなんて、と後ろめたさを感じる方もいるでしょう。

しかし、ボーナスも日々の給与と同じ労働の対価にあたります。しっかり働いて相応の成果を出したからこそ、会社からボーナスが支給されるのです。明確な区切りが無く転職の機会を決めかねているという方は、ボーナス支給日を転職のタイミングと決めても良いでしょう。そのためにはボーナス支給日と転職する日取りを考えて、しっかりと転職計画を立てておくことが大切です。

やはり根強い?縁の力もある

仕事をする上で、人との縁を感じる機会が多くなったと感じる人は多いのではないでしょうか。中には過去に名刺交換をした人からヘッドハンティングされた、という例もあります。その縁は転職にあたり、人同士を結びつける根源であり根強い力であると言えます。

さらに、その縁はずっと同じ場所に留まっていることはなく、チャンスをものにするためにはその場で掴み取らなければいけません。人との縁とは、転職にタイミングが重要であることを明確に示す良い例だと思います。

ヘッドハンティングも縁

ヘッドハンティングのみならず、自分の足で動き回る転職活動や転職アドバイザーからの紹介も、全ては縁とタイミングで成り立っています。タイミングが悪ければ仕事は他の人に決まってしまうし、もう二度と仕事を紹介してくれる人と会えないかもしれない、ということはよくあります。転職とは人材を求める人とより良い職場環境を求める人、そんな人と人が新たな縁を作り出す機会なのではないでしょうか。

関連するコンテンツ