転職の失敗例・失敗談。失敗しない方法、出戻りなどの転職テクニック

photo-1524989899036-b1c54afba1c0

転職サイトに2、3個登録し、自分の市場価値を確かめることをお勧めします

2018年最新 ▼当サイトで申込みが多い転職サービスはこちら

【1位】 リクナビネクスト 【未経験でも転職成功・適職無料診断】

【2位】 DODA(デューダ) 【10ヶ月連続!2位・非公開求人多数】

【3位】 BIZREACH(ビズリーチ) 【年収600万円以上の人材になれる】

多くの求人サイトがありますが、 人事採用担当者・転職エージェントの経験がある筆者が厳選しています。

転職に挑戦してもなかなか採用してもらえなかったり、入社しても定着することができなかったりなど、転職には様々な失敗があります。では実際にどのような失敗が考えられるのか、未然に防ぐことはできないのかなど、転職におけるコツを紹介していきます。また転職をやめて出戻りをしたいと思った際にはどうすればいいのかというテクニックもあわせて紹介します。

転職での失敗例・失敗談:なかなか採用を勝ち取ることができない

photo-1523309375637-b3f4f2347f2d

転職を簡単だと言うか難しいと言うかは人それぞれです。そんな中でもハローワークやネットには日々たくさんの求人情報が掲載されているので、仕事はいくらでもあると思ってしまう人もいるでしょう。

こういった現状では、いくら就職難だと言われていても実感がわかないのは無理はありません。しかし、こういった考え方から転職活動を軽視してしまう場合があるのです。

20代でまだ若いからどこか採用してくれるだろう、今までのスキルがあるからすぐに採用が決まるだろうなど、転職に関して軽く考えている人が最初にぶちあたる壁が「なかなか採用をもらうことができない」ということです。就職難と言われる現代では、仕事探しにはコツが必要です。

それを理解し実践しなければ、どんなに輝かしい学歴や職歴があったとしても簡単には採用を得ることができません。逆にコツを知っている人は、1社しか受けていないのにスムーズに決まるということもあります。

転職活動で後悔しないためにどうするか

どうすれば転職することができるのか、それは転職に失敗しないための方法を知ることが大切です。まずは自分の情報の発信の仕方を見直すことから始めます。志望動機や自己PRはもちろんのこと、履歴書に写っている写真や書類作成時の字のバランスなども、応募者の人格を表しています。

様々なポイントからどれだけ好印象を与えることができるかが採用を勝ち取るためには必要なのです。書類に書く内容や面接時に話す内容ばかりではなく、それ以外の部分にもしっかり目を向けることがライバルたちに差をつけることになるのです。次に企業側が発信する情報を聞く力を身につけましょう。

どんな人材を求めているのかというのを、企業は求人票は企業HPなどに発信しています。それをきちんとキャッチしているかが命運を分けることもあります。学歴や職歴のアピールは誰でもできます。

そこから優れた人だけを企業は採用するのではなく、社風に合っているかどうか、仕事を頑張ってくれそうかどうかなどの人間性も重視しています。この部分の対策をしっかり行えば、採用に一歩近づくことができるでしょう。

入社後に定着しなければ成功とは言えない

頑張って採用を勝ち取ることができ、転職に成功したと大喜びをしている人もいるのではないでしょうか?残念ながらそれでは成功したとは言えません。

大切なのは「定着するかどうか」です。実際に入社してみると、やりたい仕事をすることができなかった、人が合わないなど様々な難点に直面することがあります。

これらを乗り越えて定着すれば良いのですが、乗り越えられず再び退職するということになれば、それは転職に失敗したということになります。

この入社後の失敗例・失敗談というのは決して珍しい話ではありません。採用が決まっても入社して3ヶ月の試用期間中に辞めてしまう人もたくさんいます。

採用が決まったけれどまた辞めてしまうということの繰り返しをすると、履歴書に傷がつくだけではなく、また転職活動をしなければならないということで精神的負担がかかってしまいます。だからこそ転職は採用をもらうかどうかではなく、入社後に定着するかどうかも大切なポイントになるのです。

定着するためには?

どうすれば入社後に定着することができるのかということですが、これは適度に妥協する気持ちを持つことが大切です。定着しない理由にはいろんなものがありますが、特に多いのは求人票と条件が違うということと、職場の人が合わないという2つの理由です。

求人に応募する際、少しでも自分が魅力的な人間だと思ってもらえるように、履歴書の書き方を工夫する人がほとんどでしょう。できるだけネガティブな内容を書かないようにしたり、たくさんの経歴があれば多少省略したりなど人によって工夫の仕方は様々です。

実はこれと同じことを企業も行っています。できるだけたくさんの応募をもらうことができるように求人票の書き方を工夫しているので、実際に入社した後に違和感を感じる部分があっても不思議ではありません。それに対して妥協して合わせていき、自分を順応させていくことが大切です。

そして職場の人間関係ですが、合わない人と時間をかけて仲良くなっていく努力をしたり、必要最低限関わらないようにうまく距離をとるなどが必要です。このように入社した企業に染まっていく姿勢を持つことが、定着するためには必要不可欠です。

やっぱり戻りたいと思った時には出戻りも可能

なかなか仕事が決まらない、また採用されても入社したら続かなかったなど、転職の失敗で頭を悩ませている人もたくさんいるでしょう。

そんな人たちの中には、やっぱり前の職場の方が良かった、辞めるのではなかったという後悔をするようになったという人もいるのではないでしょうか?もしも退職後に「やっぱり戻りたい」と思った場合には、出戻りも可能です。

しかし企業によって異なりますし、どんなにお願いしても不可能な場合もあります。ではどうすると出戻りができるのかということですが、これはまず前職の上司に相談するということです。

なぜ戻りたいと思ったのか、また辞めたいという気持ちにならないようにどのような姿勢で働いていきたいと思っているのかという気持ちを伝えてみましょう。それを受け入れてもらうことができれば、出戻りをしたいという気持ちを後押ししてくれる可能性があります。

関連するコンテンツ