年収が低いので年収をあげたい人がやるべき3つのステップ

miidas

転職サイトに2、3個登録し、自分の市場価値を確かめることをお勧めします

2018年最新 ▼当サイトで申込みが多い転職サービスはこちら

【1位】 リクナビネクスト 【未経験でも転職成功・適職無料診断】

【2位】 DODA(デューダ) 【10ヶ月連続!2位・非公開求人多数】

【3位】 BIZREACH(ビズリーチ) 【年収600万円以上の人材になれる】

多くの求人サイトがありますが、 人事採用担当者・転職エージェントの経験がある筆者が厳選しています。

人材メディアを運営して居て、人のお金の流れ、転職の時期などについて研究しているタナカマコトです。

ボーナスの時期、会社の給与改定の時期になると自分の年収や周りの人の年収、給料が気になりますよね。一人暮らしならまだしも結婚をする、結婚を予定している、結婚をしたいという人がいるなら相手の給料が気になるものです。

年収や給料を実際にあげてきた方法をいくつかご紹介します。サラリーマンの方はもちろん、個人事業主、自分で余暇を使って稼いでいるという方にも是非実践していただきたい方法です。

1. まずは自分の価値を適正に評価する

miidas

年収や給料を上げるためにはまずは、今の自分の価値を知らなくてはいけません。自分の価値を見誤ってしまうとただの自己承認欲求が高い人になり、扱いにくい人というレッテルを貼られてしまいます。市場価値というと言葉が硬いですが、自分の市場価値は自分が業界で、会社でどのような力を持っているのかということなので非常に大切な考え方です。

そうなると上司や先輩、評価者も人間ですから評価をしたくなくなってしまいます。

また、会社員ではないけど適正な年収を考えるべき人もいます。個人事業主やクラウドワーカー、フリーターなどの人も自分の能力以上に本当はもらえる金額というものがあります。

自分のスキルを安売りしないこと

特に自分でやっていると安売りをしてしまって、実は適切な評価を受けていないというケースもあります。

これが時間も使っているので一番もったいないことです。つまり自分の評価を自分で評価するのではなく、
客観的な評価を定期的に受けることが重要です。

客観的な評価を受けずに自己評価が高い人は扱いにくく、嫌がられる可能性もありますので、しっかり客観的な評価を受けた上で「自分のスキルを安売りしないようにするためにはどうすればいいのか」と考えるようにしましょう。

逆に慣れて来ると、「損して得取れ」という考え方が身につきはじめて、最初は損に見えるけど後から回収できる「投資」のような考え方になってきます。自分の時間とお金を守るために、下記のようなサービスを利用して常に客観視するようにすると良いでしょう。

客観的な評価を受けるのに最適なサービス「ミーダス」

miidas

>> MIIDAS(ミーダス)の公式サイトへ

人材企業の大手、「インテリジェンス」が作っている「ミーダス」は、インテリジェンスが行なっている転職事業などのユーザーデータを元に、自分の情報を入力すると、同じようなスキル、年齢の人がどのくらいの年収をもらっているのかが把握できます。

私が利用した場合には、637万円と当時の自分の年収よりも100万円以上高い金額がはじきだされました。
つまりじぶんの価値を100万円近く安く見積もって使ってしまっていたのだと、少し後悔しました。

IMG_0120

100万円も違うと3年ほど勤めたとすると単純に300万円も変わってしまいます。300万円あれば旅行はもちろん他のものにも投資できますので、将来的な資産の開きが大きくなります。大事なことは何よりも現状を把握することです。

 

転職エージェントに頼らない自分の評価

転職しようとすると、まず転職エージェントに相談して、好きな企業、興味のある企業を紹介されて面接を受けます。その後合格したら、きてくれるときに幾らまで出せますよ、という年収の提示をされます。

しかし、年収の提示の時点で自分の評価を受けるのは遅いですよね。実際は、もっと早く自分の価値を知っておけばその面接を受ける手間も省けます。

正直、「自分の価値がどれくらいなのか試して見たい!」という思いで転職活動をして内定をもらったけど、そのまま会社に居残るという人も多いです。

今まではいちいち行動に起こさないとできなかった「自分の価値の客観的な評価」をできるのが「ミーダス」になっています。

ぜひ年収が気になっているという方は、2,3分で情報を入力できるので試して見てください。
もちろん無料で診断できますよ!

転職活動を効率的に進めることができる

通常の転職活動は、転職エージェントや転職サイトに登録して、こちらから能動的にアクションを起こす必要がありますが、ミイダスは希望年収に近い会社からオファーがありますので、そちらで面接を受けてそのまま合格したら転職という流れなので非常にシンプルで効率的です。

会社に勤めながら密かに転職活動をしているというのが難しい方は、まずは登録してみることをお勧めします!

MIIDAS(ミーダス)の公式サイトへ

 

ミーダスの利用メリット

  • 同世代でどれくらい年収をもらっているのかがわかる
  • 客観的にスキルを評価してくれる
  • 書類選考なしで、いきなり面接のオファーが来る
  • スカウトされる企業は、基本的に年収はプラスになる
  • 転職を効率的に行うことができる

 2. スキルの棚卸しをする

9bcb5ea5e764e129232b94c15c7ba809_s

1で自分の能力を客観的に可視化した後に、自分が身につけてきたスキルをさらに細かく棚卸しします。膨大なデータからミーダスは判定してくれますが、将来的に使えるスキル、残っていくスキルということの判定はデータプラス自分で考えて行動した方が間違いがないからです。

  • 自分はどのような経験をしてきたのか
  • 自分の持つスキルがどのようなものなのか
  • どのようなことに強みを持っているのか
  • 将来なくなることがない、誰にもできない、ロボットにもできないことなのか
  • 年齢を経てもできる職種なのか
  • 年齢を経るごとに蓄積されるスキル、職種なのか

などからどんどん深掘りしていって、将来的に価値のあるスキル、職種についた方が確実に給料、年収は上がります。
もちろん同じ会社に居続けるという手段もありますが、転職して、すぐに給料を上げていくという手段もあります。

スキルの将来的な価値判定

スキルの将来的な価値判定は投資と共通する考え方があります。

また、転職などによって上がったお金・給料を元に、株式投資、FX、投資信託などの資産運用をして悠々自適に生活している人を何人も見かけます。

転職してそのお金を将来的に伸びる分野に投資するというのは、自分のスキルに投資する、どこが必要とされるかと考えることと同じです。

なので、まずは、スキルの可視化、棚卸しをしてその先の転職なのか、違うスキルを身につけるのか、そのまま居続けるのか判断するようにしましょう。

3. 時間の使い方を変える

PAK153125231_TP_V

1の自分の評価を客観的にするということと共通してきますが、年収の高い人は、少ない時間・または人と同じ時間に高い価値を生んでいるからです。高い価値というのは、お金に直結する、付加価値の高いものに時間を使っているからです。

少ない給料の仕事をいくつやって居ても急に増えることはありませんし、どれだけ効率化しても仕事の給料は上がりません。

この場合どのように考えるべきでしょうか。

  • 仕事を変える
  • 仕事の仕方を変える
  • 既存の仕事にさらに新しい付加価値を提案する

などの方法があります。

仕事を変える、転職をする

1に関しては、会社によって当然時間の使い方も変わります。しかし、同じ職種であればあまり変わらないけど給料は増えるというケースが多々あります。

仕事を効率化して行う

2は、仕事の仕方を効率化することをまず考えます。しかし、どれだけ仕組み化して効率化してもそれ以上行かないということもあります。プログラミングをしてロボットに任せるという仕事も増えてきて居ますが、そのレベルになったらそれ以上はありませんよね。ですから、効率化して給料を上げることができないものもあります。

ここは冷静に考えるようにしてくださいね。

仕事に新しい付加価値をつける

3は、新しい付加価値をつけるというものです。例えば、これは自分の仕事じゃなかったけどAさん、もしくは、「こういう仕事も必要だと思いますがどうですか?」と提案してくれるような人は、雇用主側からすると非常に評価が高くなります。

普通は、仕事を待っている人だけが多い中で、自分で考えて行動してくれるからです。企業の中で評価されている人は、「その企業にとってより価値を提供するためにはどうすればいいのかを考えているから」です。

もちろん、人間なので能力以外の部分が評価されるということもあります。それはそれでコミュニケーション能力が長けているということにもなりますので、自分の将来的に活かしていきたい、必要とされるスキルで評価される方が無理がないでしょう。

年収を上げるためのまとめ

まずは、自分を客観的に評価して自分の現状と周りの現状を把握すること、その後に自分のスキルを見つめ直すこと、その後最後には自分の時間の使い方を見直して、未来のためのアクションを変化させていくことです。

  • 現状把握
  • スキル、未来の見極め
  • 時間の精査と行動の変化

これがシンプルに年収をあげていくためのステップになります。時間を効率的に使って、より多くのお金をもらうわけですから時間の使い方を見直す以外に方法がありません。

まずは「MIIDAS(ミーダス)」で、自分の客観的な能力判断をしてみてくださいね!

 

ミーダスの口コミ

実際ミーダスを利用したユーザーのリアルな口コミをご紹介します。メリットだけでなく、こうだったら良いのになというポイントも掲載しているので、リアルなポイントを共感できるのではないでしょうか。

ミーダスの年収の数値が気になる

女性 20代
現在の年収とのギャップ664万円

今の収入と、ミイダスで算定された収入は、かなりギャップがありました。自分がそこまでもらえる仕事ができるとは、到底思えないです。今は、アルバイトで生活しながら時々カフェをしていますが、自分の好きな事はマイペースにできているのかなと思います。

確かに、ミイダスで算定された、664万円ほどの収入があればかなりお金の余裕を持って生活できるのかな、と思います。しかし、できるだけ縛られずに生活したので、この収入を得るためにどれくらい自分の時間を使うのか考えると不安になります。

どういった会社からオファーがあるのか気になりますが、前者の理由で試してみようと踏み出すのを戸惑ってしまいそうです。なぜそういった数値が算出されたのかわかれば、少し安心できるのではないかと思います。転職の最初の導入で使われると思います。

転職する際にもってこいというサービス

男性 30代
現在の年収とのギャップ630万円

適切年収と現在の年収で約2倍の差があり驚きました。驚き以上に自分の価値の再認識と持っているスキルをさらに活かすことができる場がほかにあることがわかり、活躍の場を新たに探す意欲が沸いてきました。

自分のプロフィールを細かく必要事項のみ登録ができ、それに該当する企業とのマッチングも同時に行えており、登録と同時に面接や、該当企業が把握することができるところが非常にスムーズで、転職をする際にはもってこいのサイトだと感じました。入力画面についても、入力BOXや質問項目がわかりやすく、迷うことなく次のページに移れるため、初心者でもわかりやすいサービスですね。

自分の市場価値を改めて知ることができて、自信になった

女性 20代
現在の年収とのギャップ705万円

想定年収が705万円とでました。今までの仕事では、200万前後の年収しかもらっていなかったですし、
自分の予想でも良くて300万〜350万円かと思いましたので、正直驚きました。

現在、正社員だった仕事を辞めて、フリーターなのですが、
正社員を辞めた理由の中には給料の低さや、昇給制度もありました。
正社員の時とアルバイトの今の年収は、ほぼ変わりません。

また、転職であまり良い条件の仕事は見つからないかと思い、転職活動もしていませんでしたが、
今回の結果を見て、自分の市場価値に自信が持てました。

もし、今回の想定年収の仕事に就くことができたら、貯蓄、投資など今はできていないお金の使い道を
選択することもできる余裕が生まれると思います。
今後のことを考えるうえで、とても希望、自身の持てる結果でした。

年収評価として新しく、アプリも使いやすい

男性 40代
現在の年収とのギャップ638万円

まず、操作のし易さ、画面構成のシンプルさでとても利用しやすいと思いました。また、答えていく項目も簡単かつ答えやすくて好感が持てます。時間も掛からずシンプルです。

自分の年収評価というものは努めている会社にしかされないのでこのようなサイトがあると参考資料として自分の評価ができて良いと思います。実際の私の評価は実情よりも高年収との表示がされまして、嬉しかったのと同時に現在の待遇が恵まれていないのかと残念な思いがあります。

こういうことをきっかけに転職によるキャリアアップを考えるのも一利あると思います。サイトとしては会員登録等が無しに使えるという事でこのアンケートを使う敷居が低くなっており、沢山の方が利用しやすいと思います。

 

関連記事

関連するコンテンツ