東京都内の宿泊予約できるサイト・施設の料金・スペックまとめ

PAK153125231_TP_V

転職サイトに2、3個登録し、自分の市場価値を確かめることをお勧めします

2018年最新 ▼当サイトで申込みが多い転職サービスはこちら

【1位】 リクナビネクスト 【未経験でも転職成功・適職無料診断】

【2位】 DODA(デューダ) 【10ヶ月連続!2位・非公開求人多数】

【3位】 BIZREACH(ビズリーチ) 【年収600万円以上の人材になれる】

多くの求人サイトがありますが、 人事採用担当者・転職エージェントの経験がある筆者が厳選しています。

東京都内で人が泊まる方法はいくつかあります。カプセルホテル、ビジネスホテル、通常のホテル、マンガ喫茶、マンスリーマンション、シェアハウスなど。どれも一泊5,000円位する料金体系になっています。

一泊で5,000円もするのは非常に高く、宿泊するだけなのにもったいないですよね。

最近では民泊といって人の家に泊まることができるサービスが流行してきています。エアビーエヌビーというサービスで、5,000円以下で綺麗な部屋に泊まることができるサービスがあります。今回は東京都内の様々な宿泊できる施設の料金とスペックで比較してみます。

東京都内の宿泊施設料金比較

東京都内の資格施設は下記のような表になっています。通常のホテルはホテルのランクにもよりますので三ツ星でどのぐらいのレベルなのかと言うものを掲載しておきます。

シェアハウスも安いと思って検索していましたが、意外と高い金額になっていることがわかります。ドミトリーなどの施設だと思って安い場合がありますのでシェアハウスでも種類によるかもしれません。

ホテルに宿泊するという方は、格安航空券や格安のbooking.comなどのホテル予約サイトから予約することをお勧めします。

宿泊施設 宿泊費 契約費用など
カプセルホテル 5,000円 ~ / 日 -
ビジネスホテル 7,000円 ~ / 日 -
シェアハウス 短期間の宿泊はやっていない50,000円 ~ / 月 場所によってはかかる
漫画喫茶 2,000円 ~ / 日 -
airbnb 2,500円 ~ / 日 -

 マンスリーマンションの宿泊費用

マンスリーマンションも宿泊費用が安いイメージがありますが、実際は下記のようになっています。

東京都内でも安い方のマンスリーマンションで検索してみました。
日の賃料だけだと4300円ですが、管理費など込み込みの費用を10日宿泊するとして計算してみます。

  • 賃料*10日 = 43000円
  • 光熱費 *10 = 8000円
  • 清掃費 10000円
  • 契約手数料 4500円
  • 管理費 * 10 = 9000円
  • 合計=74000円 / 10日 = 1日約7,400円

という計算になります。安いマンションでもこれくらいですので、マンスリーマンションでも高いところになってしまうともっと高くなってしまいます。

マンスリーマンションは安いイメージがありましたが、バストイレ別ではなく、エレベーターもない、とりあえず住むというスペックのマンションでもこれくらいの金額になってしまいますね。

スーパーショート~1ヶ月未満 ショート1ヶ月以上~3ヶ月未満 ミドル3ヶ月以上~7ヶ月未満 ロング7ヶ月以上~12ヶ月未満
賃料 4,300円/日 3,600円/日 108,000円/月 3,400円/日 102,000円/月 3,200円/日 96,000円/月
光熱費 800円/日 800円/日 24,000円/月 800円/日 24,000円/月 800円/日 24,000円/月
清掃費 10,000円/回(契約時) 15,000円/回(契約時) 26,000円/回(契約時) 42,000円/回(契約時)
契約
手数料
4,500円/回 5,500円/回 11,000円/回 15,000円/回
管理費 900円~/日

出典:http://www.good-stay.net/tokyo/search/bn50358/

ビジネスホテルの宿泊費用

ビジネスホテルの宿泊費用は、booking.comやexpediaといった格安のホテル予約サイトから調べています。東京で検索を絞って同じ日の価格を比較していますので、多少誤差はあるかもしれませんが正しいでしょう。

expediaでは格安になっているタイミングもありますが、個室のホテルを予約しようとすると画像のように、
8000円以上の金額になっています。8000円以下になると、カプセルホテルや、ドミトリーのホテルが表示されるようになります。

個室のビジネスホテルを予約しようとすると、これくらいの金額になると考えると良いでしょう。

expedia

シェアハウスの宿泊費用

シェアハウスは宿泊という考え方はなく、基本的に住むということが前提となります。どこのシェアハウスの賃貸物件を掲載しているサイトに問い合わせても、1ヶ月以上は住む必要があります。

単純に日にちで割っていくと45,000円程度で個室を借りて、リビング・お風呂などは共有スペースになるというシェアハウスもありますので、全体をならすと表のように安くなりますが、基本的には短期滞在はできないです。

シェアハウスのメリットは、2ヶ月以上の滞在の時に暮らす費用が安くなると考えると良いでしょう。

出典:http://llc-house.com/nishishinjuku-sharehouse/room.html

漫画喫茶の宿泊費用

漫画喫茶は宿泊スペースではありませんが、「宿泊可能な場所」として比較に付け加えています。シャワーを浴びられる場所もありますが、浴びられない、もしくは浴びるのに費用が発生する場所もありますので注意が必要です。

ネットカフェ大手の「バグース」の料金を元にしてみます。

出典:http://www.bagus-99.com/shops/gcc_ikebukuro_nishiguchi/

渋谷のバグースを元に料金計算

料金表は下記のようになっており、8時間の個室2000円が宿泊するとした睡眠時間と計算しています。

シャワーを使うとすると2800円で使えるようなので、朝と夜泊まるときに利用するとすると2,800円程度が妥当ですね。宿泊といってもリクライニングソファーだけですので、全く疲れはとれません。

人によってはいすでも疲れないという方がいるかもしれませんが、非常につらいです。

パック 3時間
  • 5:00~23:00 通常料金
  • 個室
    ¥940 ¥1,050
5時間
  • 5:00~19:00 通常料金
  • 個室
    ¥1,350 ¥1,550
8時間
  • 個室
    ¥2,000
12時間
シャワー無料
  • 個室
    ¥2,800

東京都内の宿泊施設のスペック比較

こちらも料金同様にホテルの方が場所によってはスペックが高いです。五つ星ホテルとマンスリーマンションは比較になりませんよね。

上記した宿泊できる場所を相対的にくらべてみましょう。

シェアハウスとairbnbがスペックでは非常に高くなっています。カプセルホテルや漫画喫茶は一人で単純に泊まるということを考えたときになにもないことがわかります。実際となりの部屋との間は狭いですし、宿泊したときの快適さはありません。

シェアハウスは安いが、短期間宿泊できない

シェアハウスはスペックが優れていますが、上記した通りに短期間で泊まれる場所が少なく、ほぼありません。10日~2週間という短さでも宿泊できるところが少ないので、結局ドミトリーなどに宿泊することになります。長めに住んだときに日割り計算をすると非常にコストパフォーマンスは高いのですが、短期の滞在には向いていません。

同じような場所に、同じような金額で宿泊した場合の比較になっていますので、これをみてみるとairbnbは安定したスペックがあることがわかります。

お風呂・シャワー リビングの有無 個室の綺麗さ 冷蔵庫・洗濯機の有無
カプセルホテル × × ×
ビジネスホテル × ×
シェアハウス
漫画喫茶 × × ×
マンスリーマンション ×
airbnb

airbnbは料金もスペックも高め

料金とスペックの比較をしてきましたが、料金が安く、部屋のスペックが高いのがairbnbです。

場所の選び方、airbnbを賢く使う方法についてはこちらの記事で紹介しています。

airbnbは他の宿泊施設と異なり他の住人とのコミュニケーションもとることが可能です。勿論個室、完全貸切もあるのでプライベートを守りたいという方でも利用することができます。

airbnbでもさらに料金を安くする方法

airbnbでさらに金額を安くしたい方は、ドミトリーなどの宿泊施設を利用するとよいでしょう。基本的に5000円前後1泊で支払うと、リビング付きのお風呂も綺麗な個室を借りることもできます。しかしより抑えたいという方もいるかと思います。

airbnbは宿泊料金が安い、スペックも良いという結果ですが、airbnbでは宿泊客とのコミュニケーションも大きなメリットになっています。その土地、海外から来た人、様々な人との交流があります。
宿泊以外の楽しさを求める方はairbnbが最適ですね!

関連するコンテンツ