airbnbで旅行の宿泊費用を格安に!東京都内を旅行してみる

airbnb

転職サイトに2、3個登録し、自分の市場価値を確かめることをお勧めします

2018年最新 ▼当サイトで申込みが多い転職サービスはこちら

【1位】 リクナビネクスト 【未経験でも転職成功・適職無料診断】

【2位】 DODA(デューダ) 【10ヶ月連続!2位・非公開求人多数】

【3位】 BIZREACH(ビズリーチ) 【年収600万円以上の人材になれる】

多くの求人サイトがありますが、 人事採用担当者・転職エージェントの経験がある筆者が厳選しています。

皆さんは「airbnb(エアービーアンドビー)」という民泊サービスをご存知でしょうか?

簡単にいうと、「一般の人が自分の家、部屋を人に貸し出すサービス」です。
旅行、出張などの際にホテルを予約しようとすると高い、ホテルより安いモーテルや民宿みたいなところだとあまり綺麗でなかったり、いろいろ不安。サービスも意外と微妙で、このお金支払うのもなぁ…。

それであれば、「安く、綺麗な家に泊まった方が良い、新しい体験ができる」ということのほうがよさそう。airbnbは、そういったことから海外で人気になっており、日本でも普及し始めています。

そんなairbnbを使って、「家賃を抑えて楽しくすごすをコンセプト」に、東京で2週間程度旅をするという企画を始めますので、まず予約の仕方、実際どれくらい費用がかかるのか、普通にマンションを借りて住むのとどう違うのか、をご紹介します。

airbnbとは?

上でも述べているとおり、「一般の人が自分の家、部屋を人に貸し出すサービス」です。

住む場所、泊まりたい場所を借りたい人と、部屋を貸したい、旅行に行くときに空いている家を効率的に生かしたい、自分も一緒に住んでいるけど、空いているスペースを貸しだしたいという人をマッチングするサービスです。

e-career-airbnb

泊まりたい人のメリット

  • ホテルよりも安い価格で泊まることができる
  • 民宿などよりも安くて、綺麗
  • ホテルや民宿では味わえない、人とのつながる経験ができる
  • マンション、アパートの近くの飲食店や、細かい体験ができる

家を貸しだす人のメリット

  • 自分の空いている家を貸しだして家賃収入を得ることができる
  • 空いているスペースを貸す、スペース貸しもできる
  • 自分が通常の生活で出会えない人、想像しない人とも出会える

というような借主も、貸主もそれぞれのメリットがあります。

旅行といえば、「ホテルや旅館に泊まる」という価値観、考え方がありましたが、
時代が変化してきていますよね。

家だけでなく、車をシェアする「シェアリングエコノミー」という時代に流れが変わってきます。

タイムズシェアという黄色い看板や、駐車されている車を見たことがある方もいるのではないでしょうか。
自分で車や家を持つよりも安く、それでいて新しい体験ができるのでお得で嬉しいですよね。

→ airbnbで旅行先をさがす

airbnbを使って東京都内を放浪しようと思った動機

都内に住んでいる筆者がなぜ東京都内を放浪しようかと思ったというと以下のような動機があります。

  • 引越しのタイミングで数日家がなくなる
  • マンションの更新費用+1ヶ月分の家賃を支払うなら、airbnbのほうが安そう
  • 面白い体験や面白い人と出会いたい
  • その町の空気感や、近くのバーなどで楽しみたい

という、家賃の費用的な部分と感性的に面白そうだなという二つの面からでした。

なぜairbnbなのか?

家賃の価格面でまずいろいろ検討してみました。

  • マンスリーマンション
  • シェアハウス
  • 友人の家

など。

都内の宿泊できる場所をまとめてみました。

結果的にairbnbを選択した理由は下記です。

いろいろ検索して比較していると、明らかにairbnbで1ヶ月借りたほうが安く、インターネットも借りられるし、洗濯機などアメニティが充実しているところも多いので生活に全く困らないという点でした。

費用的にお得で、明らかに楽しい人、出会えない人、思ってもみなかったチャレンジができるのであれば、やってみようということで予約してみました。

今思えば、休日の小旅行が東京から、箱根や、埼玉、栃木、千葉、などに行く必要は必ずしもなくて、
非日常が体験できて、その町で自分が経験できないような経験をすればいいんです。

これだけでリフレッシュできるんじゃないかな?と思います。

airbnbで東京を放浪してみる

東京を放浪することに決めてからairbnbで予約して、ホストに連絡をして泊まることが決定するまでの流れを説明していきます。泊まる家を探すのも面白いですし、予約も簡単にできますので、ぜひみてみてください!

  • まず泊まる場所を決定して、「東京」などで検索する
  • 泊まる日が決定していれば、日にちなども設定
  • 部屋のタイプは、貸切、シェアハウスなどの中の個室、完全なシェアハウスから選択
  • 検索すると、右のマップからも近くの泊まれるポイントを確認
  • お気に入りにいれておいて、あとでチェック
  • 泊まりたい場所が見つかったら、不安なポイントはホストにメッセージをする
  • 不安がなくなったら、クレジットカード登録、本人認証(免許証か、パスポートを写真を撮る)をして予約完了
  • ホストにチェックインの仕方をメッセージ

これが一連の流れです。それぞれ非常に簡単ですが、少しずつ説明していきます。
検索するだけで本当に楽しいですよ!

→ airbnbで家をみてみる

airbnb

 

マップを動かすと、そのマップにある物件を新しく表示してくれるので、いちいち検索する手間がありません。

非常に便利ですよ!

 

 airbnbで東京おすすめの物件

三軒茶屋、下北沢、新宿・新大久保、上野あたりに5000円以下で1日泊まれる物件が揃っています。特に三軒茶屋や自由が丘、中目黒近辺だと、東急東横線1本で渋谷に出られますし、新宿へのアクセスもしやすいです。

渋谷であれば、基本的にどこの駅にもいきやすいのでまずは「渋谷に出やすい物件」が非常に人気です。地方からの学生や、出張のサラリーマン、外国人観光客と皆さんが争っているので、稼働率も非常に高くなります。

泊まりたいなと思ったら、1ヶ月前以上など早めに予約しておくことをおすすめします。

どんどん安くてレビューがあまりよくないか、宿泊費の高い物件しか残らなくなりますので、注意が必要です。

マンスリーマンションを渋谷近辺で検索した場合

参考までに、安いというイメージのあるマンスリーマンションを渋谷で検索して格安の物件を見たときの事例です。

  • 渋谷区神山町の物件
  • 5600 / 日、清掃費 10,000 / 1回, 契約手数料 7,000 / 1回、光熱費 800円 / 日、管理費 1,000円 ~ /日
  • 合計で、24,400円がミニマムでも1日かかる計算
  • つまり普通のホテルの宿泊と変わらない
  • 短期宿泊には向いていない

ということがわかります。月に換算すると、
東京都内で渋谷近辺だと180,000~200,000円程度のウィークリーマンションが多いようです。
これだと普通に高くてお得感があまりありませんよね。

airbnbだと圧倒的に価格も安くて、綺麗な家に泊まれるので非常に便利です。

→ airbnbでおしゃれな家を探す

 

airbnbで東京のおしゃれ物件をさがす

女性であれば、恵比寿、代官山あたりは女性専用の物件もあります。なので、安心して泊まれる場所もあります。綺麗でおしゃれな物件が多いので、女性であれば恵比寿、代官山が利便性も高くて落ち着いていて、おしゃれなのでおすすめですね。

男性だと、自由が丘近辺か、西麻布、芝公園近辺、中目黒におしゃれな物件が多いです。場所柄ということもありますので、おしゃれな物件で過ごしてみたいなと思っている方はこの辺りのエリアをおすすめします。

私が予約した恵比寿・広尾にある物件はこちら。

airbnb

出典:https://www.airbnb.jp/rooms/16408299

恵比寿駅に近い物件ですが、1Kで非常に広い部屋。

綺麗で雑貨もおしゃれです。周りにはコンビニなどもあって、非常に過ごしやすそう。

airbnb

この物件で、1日3305円という神価格。
カプセルホテルを都内で検索すると、大体が5,000円以上しますから、
サービス料を入れても、1日3600円程度になります。

  • 1日 3,305円 + 304円(912 / 3日) = 3609円

このようなおしゃれな部屋を週末だけ利用してみるのも面白いですよね。
近くの街を散策してみるというのも新しい遊び方ですね!

→ airbnbでおしゃれな物件に泊まる

 

airbnbで東京・渋谷・三軒茶屋近辺での料金はこれだ

東京・三軒茶屋での物件を予約してみました。

3月ということで人気で長く抑えることができなかったのですが、それでも9日間は同じマンション。
そして3日ずつに分けて、違うマンションをそれぞれ予約しました。

9日間泊まるマンションの予約は以下。

airbnb2

上での述べているウィークリーマンションの例と当てはめて見ても圧倒的に安いことがわかります。

清掃料金も、大体ホストの人がやっているか、ホストの人が長期的な清掃の契約をしている人が行なっているので、
これくらい安くなります。

  • ウィークリーマンション 5500円*30日 + 諸経費(30000円) = 195000円前後
  • airbnb 場所によるが 43,838円 / (9日間) = 4870.8円 / 1日あたり = 146,124円(インターネット無料など条件が良い)
  • 差額、約49,000

ウィークリーマンションでは業者が行なっていたりするので、高くなってしまっているということもありますね。

airbnbは宿泊料金を抑えるのに確実に使えるということがわかります。

東京に旅行で来る家族、友人との国内旅行を安く抑えたい、
という場合にも嬉しい、「一つの部屋を貸切で、ベッドが複数ある物件」もあります。

→ airbnbで国内旅行を楽しくする

1泊 2500円程度の物件でもこの広さ

airbnb

 

出典:https://www.airbnb.jp/rooms/9639867?s=_Iobpw7n

私が2週間程度借りた物件ですが、
1泊2500円程度の物件でベッドが3つついていて、さらにリビングまであります。
家族連れで旅行に来たかたなども借りている口コミがありますが、
はっきり言って広すぎます。笑

もちろんテレビや冷蔵庫などの住めるようなオプションもあるので、
アメニティの部分は確認するようにしましょう。

airbnb

レビューが高い人だと、家が清潔でアメニティが揃っていて、駅から近いなど
様々な理由がありますので、一応口コミなどもみておくことをお勧めします。

airbnbはこのような物件が2500円でホテルよりも数倍の大きさ、清潔感、
住居を通常通り利用できるというメリットがあります!

 

旅のしおりのように行きたい場所のお気に入りにできる

airbnb

 

いくつか場所を回るという方は、宿泊先を旅先に近い場所を予約すると良いでしょう。

効率的に回れるようになりますし、ホテルがないような場所にでも家はありますからね。
そして、上記したようにホテルよりも広い部屋だったり、ホストの人とのやりとりなど
airbnbでしか味わえない楽しいこともあります。

ぜひairbnbを試してみてはいかがでしょうか。

 

airbnbで予約するときの注意点

airbnbは、申し込みをしてすぐに予約完了になるわけではない物件もあります。
ホスト(物件の貸主)が、泊まりたいユーザーのリクエストを承認すると予約完了になります。

なので、承認完了にならなければ、予約が完了していません。

リクエストを送って予約ではないので注意してください。

  • リクエスト即承認物件
  • ホストの承認物件

の二つの物件がありますので、すぐに予約を決定したい場合は、
リクエスト即承認物件を利用するようにしましょう。

 

airbnbでの国内旅行に出かけよう

また、国内で旅行を回りたいという方も、京都や沖縄、大阪、福岡などでも様々な物件がありますので是非見てみてくださいね。見ているだけでも旅行に行きたくなってきますよ!

旅行やその街を見に行くという体験もその場所に長めに泊まってみるとわかることがあると思います。

商店街の雰囲気、街の人の温かさ、街にある隠れた名店、街の人しかいかないお店

「インターネットサイトには出ない飲食店の自分だけのオリジナルランキング」ができるかもしれませんよ。

ぜひ、airbnbで新しい旅行体験、人生体験を積んでみてはいかがでしょうか?

→ airbnbで人生を旅する

airbnbのメリットをまとめておくと、

  • 格安で国内物件があるところであればどこでも旅行に行ける
  • 泊まった先、貸した家で、人や物、文化との新しい出会いがある
  • 自分の空いている部屋、家を貸し出すことで新たな収入ができる
  • 同じ値段だと、ホテルよりも広い家に泊まれる可能性が高い

今回は、まだ旅に行く前の予約からairbnbのワクワク感をお伝えする記事となりましたが、

次回は、実際他の人の家に住んで何があったのか、1週間経過してからの記事を書いてみます。

宿泊施設の金額やスペックを比較してみました。これでairbnbがいかに優れているかをお分かりいただけるのではないでしょうか。

関連するコンテンツ