転職サイトどこがいい?DODA・リクナビ・その他徹底比較!

woman-1076256_640

転職サイトに2、3個登録し、自分の市場価値を確かめることをお勧めします

2018年最新 ▼当サイトで申込みが多い転職サービスはこちら

【1位】 リクナビネクスト 【未経験でも転職成功・適職無料診断】

【2位】 DODA(デューダ) 【10ヶ月連続!2位・非公開求人多数】

【3位】 BIZREACH(ビズリーチ) 【年収600万円以上の人材になれる】

多くの求人サイトがありますが、 人事採用担当者・転職エージェントの経験がある筆者が厳選しています。

 リクナビNEXTは担当者の迅速な行動と情報量がよかった

homosexuality-1686922_640
男性/40代

リクナビNEXT

転職の動機は、会社的な先の不安と地位的なものでした。この会社は社長の親族経営会社であり、親族及びその知り合いが上につくという企業形態がありました。

年齢も30代になると、それなりの地位と汚い話しですが給料も気になります。しかし、親族経営会社はコネクションがあれば入って上につく、週1しか来ないなども日常茶飯事でした。

当初はそこまで表沙汰にはなっていなかったのですが、徐々に表面化してきたので自分もこのままでは社蓄になる可能性があると感じ転職を考えました。

いろいろ転職サイトを比較した

転職サイトは複数みました。電車の広告にあるリクナビNEXT、マイナビ転職、CMで良く見られるEN転職も登録しました。

結果としてリクナビNEXTを選んだのは担当者の迅速な行動と情報量でした。最初にWEBで履歴書と職務経歴書を記載するのは同じです。

マイナビ転職とEN転職はここからWEBページの求人が閲覧できるようになります。そこでお気に入りの企業があればコンタクトもできます。

つまり、大きな問題や気になることがなければ担当者とのコンタクトを意図的に避けることができます。リクナビNEXTもWEBページの求人は確認できます。ただし、最初にリクナビNEXTの面接ルームで担当者と面会しないといけません。

リクナビNEXTの面接では求人情報をプリントアウトしてもらって検討できる

ここでの求人はWEBページに出さない求人や、担当者が自分と確認した上で提案する企業が提示されます。面接自体は自分が希望すれば何回でも可能で、事前に伝えておくことで1回の求人提示数は10から20社ほどです。

その場でプリントアウトもしてくれるので、持ち帰っての検討もできます。その場で即決し、企業とのアポイントも取れますが、2,3日考えても良いというのは比較・検討もできるので転職する側には大きなメリットでした。

自分は計5回ほど面接と求人を提案してもらい、現在の会社に勤めています。給料は、当時の1.5倍(約600万円)になっています。

面接をしたからこそ、わかることもある

WEBページでの求人だけではわからないことが、面接官を通していくと細かい部分まで分かります。また、企業の募集内容と実際の内容が異なった場合の違約部分もサポートしてくれるのは恐らくリクナビNEXTで、面接をした人だけのだけのメリットです。

1つだけ懸念点があるとすれば、面接を予約するまでの不安と緊張があります。サポートしてもらえるのか、合った求人なんてあるのかなどです。

しかし、担当者を信頼して任せることに専念できれば、自分の希望も聞いてくれる心強いパートナーになります。担当者を介しての転職をしていない場合はどうなっていたかはわかりませんが、今の状況があるのは転職サイトをつかってよかったと思っています。

パソナで給料もポジションも上がり、転職成功!

time-273857_640 (1)
女性/20代

パソナ https://www.pasona.co.jp

転職サイトへ登録すれば、一度に何社もの仕事を探せるので時間的に効率がいいです。また、面接でよくされる質問、仕事内容、社風も実際にその会社の面接を受ける前に情報がいただけるので助かりました。

面接の日程もスムーズに交渉でき、転職サイトを使ったメリットは効率がよく本当によかったと思います。転職を希望中もちろん、仕事をしていたので、忙しく時間が限られておりましたので自分で行う箇所(面接の質問対策、面接の日程調整)などサポートがあり助かりました。

会社側にとっても転職サイト経由のほうが便利

転職は初めてでしたので、不安もあり、親身に相談に乗っていただき感謝しています。自分で会社を探し、応募する方法は忙しい今の時代には合ってないと感じました。

社員募集中の会社側にとっても、転職サイトからの募集者をとった方がスクリーニングされていますし、面接者の情報も事前に分かるのでお互い良いと思います。対応は早く、1か月で10件ほどの面接の案内、給料もポジションも上がりました。

とらばーゆで仕事をしながら転職活動をした

a0002_008023
女性/30代

とらばーゆ https://toranet.jp/t/r/T100020s.jsp?ecd=01&__u=1487588354937-7070447591617652585

転職サイトを利用した動機はその前に勤めていた会社がブラック企業で残業代も払われずパワハラもひどく正社員でありながら全く社会保障制度がなかったためです。転職サイトを利用してのメリットとしては、会社に所属したまま上司に隠れて転職活動がしやすいことと、情報をネットで集めて転職したい会社に応募することができる点です。

とらばーゆで応募したい会社の情報を教えてもらって安心

とらばーゆの対応はすごく丁寧で応募したい会社のことを詳しく教えてくれるのでブラック会社に勤めてしまう危険が減りますし、あやしい会社の求人情報をそもそものせていないのが安心できます。求人案件はリクナビよりも少なく、看護師などの専門業種に特化しています。給料は以前の会社よりも時給換算で300円あがりました。

インテリジェンスDODAは求人の数が圧倒的に多い!

doors-1587329_640
男性/20代

インテリジェンスDODA(https://doda.jp/)

メリットは求人の数が他の転職サイトに比べて非常に多いことだと感じる。他サイトでは見たことのない大手企業の求人案件が多数あり、希望するものが数多くあった。

スカウトサービスを活用して待つ

また、エージェントサービスやスカウトサービスに登録することにより、待っているだけで自分にフィットする可能性のある求人を数多く紹介してくれる点は非常によかった。対応は早く、日程調整や面接で想定される質問を事前に教えてもらえる点も好印象だった。

一方で、事前の面接練習や応募書類に関するアドバイスはほぼなく、他社の転職エージェントと比較するとややサポートは弱いと感じた。「求人の紹介と日程調整はやるから、選考は自力でがんばってくれ」と求職者任せの印象が強い。

フリーランスから転職を目指す

view-1782619_640
男性/40代

http://www.green-japan.com

フリーランスで仕事してますが仕事の内容と報酬が見合ってないと思い、同業種の転職サイトで比較するために利用しました。メリットとして、大まかな業務内容と報酬がわかり、どこもかなりシビアに営業されているようです。

企業の求める人物像から応募動機をさぐる

また、最近のトレンドも転職サイトからの求人メールでわかるのでかなり勉強になります。新しいソース、各事業に見合ったシステム構築についての求人の求め方も最近は具体的になり、応募動機がわくようになってきました。

案件数もほどほどですが、首都圏の求人がほとんどでまだ正式に応募してないのが現状です。給与の告知ですが、昔のハローワークと変わらず、総額で出ているものが多いです。手取り表示もできないものかと思います。

エン転職で面談して提案してもらう

iphone-393080_640
女性/20代

エン転職https://employment.en-japan.com/

前職の労働時間や給料面などの待遇に不満があり転職を考えた際にこのサイトを利用した。どんな職種に就きたいのかや、給料、勤務地などを自分の検索履歴からおすすめの求人を毎日ご紹介してくれたり、実際に面談をセッティングして、自分がどんな職業に向いているのかや、得意なことを活かせる職業はなにかなどを、相談しながら提案や紹介を丁寧にしてくれた。

アプリで仕事しながら職探し

アプリもあり、仕事をしながら次の職を探していたため、検索条件を保存し休み時間や通勤時間に気軽に職探しができた。気になる登録をしていた会社からは、応募期限が近づいたり、再募集するとアラートで教えてくれるので便利だと思った。

求人数もたくさんあり自分が視野に入れていなかった職業も見つけることができたのしく職探しができたと思う。給料や労働時間も前職よりも満足のいく待遇を受けられているのでとても満足だ。

関連するコンテンツ