ANAカードでの効率的なマイルの貯め方・年会費・ポイントまとめ

999fdb07149fb9b5e9ff496754deda85_s

転職サイトに2、3個登録し、自分の市場価値を確かめることをお勧めします

2018年最新 ▼当サイトで申込みが多い転職サービスはこちら

【1位】 リクナビネクスト 【未経験でも転職成功・適職無料診断】

【2位】 DODA(デューダ) 【10ヶ月連続!2位・非公開求人多数】

【3位】 BIZREACH(ビズリーチ) 【年収600万円以上の人材になれる】

多くの求人サイトがありますが、 人事採用担当者・転職エージェントの経験がある筆者が厳選しています。

 ANAカードは飛行機だけじゃなく、ガソリンや通販でもマイルがたまる

482a08645376a4350245ff12a1c28501_s

女性/30代

動機はANAが好きで海外旅行に行くと決まった時にカードを作りました。マイルは飛行機に乗るときはもちろん、車のガソリンを入れる時、総合通販でネットショッピングをする時などマイルがたまりそうなものはとりあえずANAカードを使うようにしています。

日頃からホームページを見て貯め方を把握する

よかった点はカードのデザインがかっこいいことが1番ですが、わりとどこでもANAカードを使ってマイルが貯められることだと思います。ホテルの宿泊、レストラン予約、とりあえず何か支払いの予定があるときはまずANAカードでマイルがたまるかどうかを基準に考えます。

日頃からANAのホームページのマイレージクラブをチェックするようにしています。よく見るサイトなので何をするときにマイルがたまるか何となく把握できていると思います。

ANAカードはもともとANAが好きだったから

999fdb07149fb9b5e9ff496754deda85_s

女性/40代

もともと航空会社としてANAが好きだったのもあって、カードが出来た当初に空港で勧められてつくったのが作成の動機です。ですので、「カードでマイルが貯めるられる!」という事自体が、私にはとてもよかった点でした。

ANAは機内食も美味しくて、雰囲気がフランクで、とても好きなのです。マイルの貯め方ですが、私は沖縄に住んでいるので日常的にかなり頻繁飛行機を利用する機会があります。

本土に個人的に遊びに行くときはもちろん、出張で行くときは、わざわざ飛行機を会社に交渉してANAに指定したりしていました。超初期のメンバーですので、特に変わったマイルの貯め方はしていませんでした。

LCCの登場でマイルが貯まらなくなった

今回、書くに当たって調べてみたら、結構いろいろあるんですね。それらを利用したら、もっと貯められそう。今までもったいない事をしました。

しかしながら、今まで何度もマイルを交換させていただいているので、満足しています。最近はLCCが登場して、どうしても価格面からそちらを選びがちになり、あまりマイルが貯まっていない気がします。

今回知った貯め方を実践してみます。

ANAスーパーフライヤーズカードは年会費はかかるが特典が多い

624e7e8ff069e6af4fa4b28a7caf1454_s

男性/40代

自分はANAスーパーフライヤーズカードを所有しています。年会費はかかりますが、このカードを所有するとさまざまな特典があること知りカードを作成しました。

このカードでは空港で専用のラウンジを利用することができます。ラウンジ内は落ち着いた雰囲気で、お茶、ジュース、コーヒー、ビール、お酒等飲み物も無料で飲むことができ、航空機搭乗時間まで快適に過ごすことができます。

搭乗時に優先され、ショッピングで割引される

また搭乗も優先搭乗することができ、特に万席時にはとても便利です。また航空機内や空港内のショッピングでもカードを提示すると割引をしてもらったりもできますし、その購入金額に沿ったマイルももれなく付与されますので、マイルもあっという間に貯まります。

更にカードポイントも付くので2重3重と得した気分になれます。

ANAカードで家賃も学費も払う

2421af6cadf786c97340e2e7b11c77ff_s

女性/30代

ANAカードを持っていてよかった点はやはり、マイルが圧倒的にたまりやすいことです。私はクレジットカードで出来る全ての支払いをANAカードに統一していました。

家賃から公共料金、日々の買い物から学費まで。結果、2年ほどで60000マイル以上が溜まり、パリへの往復航空券にかえることが出来ました。

ANAカードで搭乗手続きもできる

支払いをクレジットカードにしただけで、2年後にはヨーロッパまで往復できることを考えると、旅行好きの方は必携のカードだと思います。

それに旅行の時にも、クレジットカード自体を持っていくだけでチェックインから登場まで全て行えるというのも便利ポイントです。航空券をプリントアウトして持参する等、一切する必要がなくなったので、旅行準備も格段に楽になりました。

ANAカードで固定費を支払ってマイルを貯める

e47b78ee406f4145380071a33d623cfd_s

女性/40代

ANAカードを持って、利用してよかった点はマイルがたまりやすい点です。固定費を中心にANAカードで支払い、OKIDOKIポイントをマイルに移行してます。

OKIDOKIポイントをマイルに移行するには無料で1ポイント5マイル、もしくは有料で1ポイント10マイルへ移行できます。10マイルコースは1年で5400円の手数料がかかりますが、無理せず一年で一万マイルほどたまります。

3年の有効期限で時間をかけてマイルを貯める

一万マイルあればローシーズンの東京→大阪間の往復ができます。マイルの有効期限は3年あるので、時間をかければ家族分の特典航空券をもらうことができます。

家族で旅行にいくとまとまった費用が必要になるところ、固定費の支払いをANAカードにするだけで旅費負担なしで旅行を楽しめると思うと、ANAカードを持つ価値があると思ってます。

ANAカードは飛行機に乗らなくてもマイルが貯まる!

59327a918346ee637c40eb18b3134f0e_s

女性/30代

以前、会社員をしていたときに、ANAを使って国内出張する機会が年に数回あり、飛行機の使用によってマイルを貯めていました。その当時は貯まったマイルで特典旅行にいくことができていたのですが、会社を辞めてからは飛行機に乗る機会も減ってしまい、マイルがなかなか貯まらない状況となっていました。

日々の生活の中でクレジットカードで支払ってマイルを貯める

そこでクレジットカードでANAカードを持つことにしました。公共料金の引き落としやスーパーやデパート、インターネットショッピングなどの日々の生活の中でもクレジットカードで支払うことでマイルをたくさん貯めることにしました。

よかった点は、飛行機の使用がなくてもマイルが貯められて、特典旅行に使えるという点です。いわゆる陸マイラーとしてはクレジットカードは必須だと思います。

他社からANAカードに乗り換えて満足

b38de1136ceaef58540cdc44fd4e6d6b_s

男性/30代

日常的な光熱費、交通費などをすべてこのカードに集約してから1年ほどが経ちました。これまでは、兵隊の絵が書いてあるカードをずっと使っていたのですが、あまりポイントが貯まる実感がなく、またマイルに交換する際も、年度ごとに登録手数料が取られるなどの問題があり、思い切ってANAカードを作ることにしたのです。

夢はマイルで海外旅行

カードを持ってよかった点は、とにかくマイルが貯まるという点です。私が持っているのは三井住友VISAカードが発行するANA WIDEゴールドカードですが、毎月平均して500マイル〜1000マイルくらいが溜まっていきます。

この調子でザクザクためて、マイルだけで海外旅行に行ってやろうと、妻と二人でにやにやしながら計画を進めています笑

ANAカードなら、飲食・高速・ガソリンすべてポイントがつく

bed5441c4f20edd210c3f41b57266330_s

男性/30代

現在、ANA×JCBワイドゴールドカードの個人会員を所有しています。友人に勧められました。

よかった点は、飲食の支払い、高速利用料、ガソリン代の支払いでポイントが貯まる事です。また、フリーランスをしているのでカード決済でポイントを貯めて経費で落とすという点は最高です。

家族間でマイレージを共有できる

ポイントが溜まってマイル交換が楽しいです。奥さんの実家が沖縄という事もあり、大阪と沖縄の往復を特典航空券の使用でマイルを使用させていただいています。

年会費は結構しますが、十分に満足できており、今後もANA×JCBカードの支払い一本でいこうと思っています。また、奥さんもANA×JCBの個人会員となり、家族間のマイレージを共有できるのは非常にお得です。

沖縄と大阪の往復がしやすくなり非常に重宝しているクレジットカードです。

ANAカードをネット通販で使ってマイルが貯まる

d83cd5644a09324ac44d411ce80e69e0_s

女性/30代

単身赴任中の主人が帰省する際のマイルを貯めたかったため、良く利用していたANAのクレジットカードを作りました。よかった点は普段のネット通販などで買い物をしたりとカードを使用する度マイルに換算されるため割とすぐ貯まっている気がします。

お土産やホテル、レンタカーの割引もある

また、マイルがあまり貯まっていなくともエコノミー席かビジネス席か選べたりすることもポイントでした。旅行や実家への帰省にもANAのお土産店で割引があったり、提携ホテルやレンタカーを借りる際に割引があったりと使い勝手の良いクレジットカードだと思います。

良く行く飲食的でのカード使用でもマイル加算されますし普段の支払いも意識してカード使用するとマイルが貯まるのも早い気がします。

ANAカードは学生時代の帰省用に作った

fa65d13a8e2ad66d2064eb5c98f65771_s

女性/30代

学生時代から利用しています。実家から長距離の大学へ進学したため、帰省で飛行機を利用するためにマイルが貯まりやすいANAカードを作りました。

よかった点は、予約の時点でマイルが登録されるので搭乗の際に手続きする必要がないことです。これでマイルの登録忘れの心配がありません。

海外のパック旅行でもマイルが貯められる

自分のカード決済でない場合でも予約時の登録でマイルが貯まります。また、パック旅行でもマイルが貯まるのでよかったです。

パック旅行は申し込みの時点では登録できませんが、搭乗手続きをしてしまえば登録できます。海外旅行だったのでかなりのマイルになりました。

私は飛行機料金以外の普段使いのカードもANAカードにしました。カードの利用ポイントがそのままANAマイルになるので貯まりやすいです。

関連するコンテンツ