NISA投資の魅力。可能枠や期間・おすすめのポイントまとめ

cash-1342228_640

転職サイトに2、3個登録し、自分の市場価値を確かめることをお勧めします

2018年最新 ▼当サイトで申込みが多い転職サービスはこちら

【1位】 リクナビネクスト 【未経験でも転職成功・適職無料診断】

【2位】 DODA(デューダ) 【10ヶ月連続!2位・非公開求人多数】

【3位】 BIZREACH(ビズリーチ) 【年収600万円以上の人材になれる】

多くの求人サイトがありますが、 人事採用担当者・転職エージェントの経験がある筆者が厳選しています。

 NISA投資は長期の投資にうってつけ

tax-468440_640
男性/30代

楽天証券 https://www.rakuten-sec.co.jp/

NISA
きっかけは、元から楽天証券で口座を開いて投資信託の積立を行っていたことです。NISAという制度は税制上有利というのはよく聞きますがその内容を理解するのは面倒です。
確かにデイトレードやスイングトレードといった短期の売買を行うには不向きな制度です。しかし、積立で長期の投資をするにはうってつけの制度であると思い登録をしました。

短期の売買には不向き

メリット
NISA口座で得た利益は税金が免除されるということです。ただ、1年につき120万円分の売買のみが免除されるため、短期で売買する方には不向きな制度です。
コツとしては5年、10年くらい忘れたつもりでコツコツと投資していくことだと思います。ドルコスト平均法という方法で、決まった間隔(毎月、毎週など)で決まった金額(5万円など)を購入することで相場が安いときに沢山購入し、また高いときには少しだけ購入できます。

NISA口座をどこで開くか迷っている方もいますが、手数料が安いネット証券が良いですね。

あとはご自身で使いやすい証券会社を選んで行くことをお勧めします。

関連記事

NISA投資は一定額を超えた分だけ課税される

euro-870757_640
女性/30代

株式会社ゆうちょ銀行

投資に興味を持ち、手始めに投資信託を始めようと思って情報を集めていたところ、NISAを知りました。非課税枠が一年に120万円と大きく、個人投資家にとって、金銭的なメリットが大きいと思います。

また販売窓口で、NISA口座がきっかけで投資を始めたことを説明すれば、「初心者で少額投資を希望」という前提で話が出来ます。NISAは一定額までが非課税になり、上限を超えたらその分に課税される制度なので、投資をするならとりあえず利用すれば得になります。

ひとつのファンドを半年以上持つ

非課税枠を有効活用して稼ぐコツは、一つのファンドを半年以上持つという計画で購入すると良いです。そうすると、年に1、2回ファンドを購入することになるので、一度に60万円以内の額を投資すれば、非課税枠内で運用することができます。

NISA投資はマネックス証券で、少額なら手数料無料

gifts-1885027_640
女性/30代

マネックス証券

NISAを始めたのは株をしようと考えたからです。会社以外の収入がありそのお金を運用しようと株を検討しました。

その収入は小額なので購入できる会社も限られています。その点を考えてもNISAは適していました。

株主優待、配当も目的にしていますが、利益が出た時にその利益を得ても税金がかならないのも魅力の一つです。又他のメリットとしては証券会社独自ですが、購入金額にもよりますが、小額の場合は購入手数料もかかりません。

こつこつ増やして株主優待に期待する

その点を加味すると小額の株を始める時にNISAを使用するのは大きなメリットがあると言えます。まだ始めたばかりなので大きく利益を伸ばしてはいませんが、こつこつ増やして毎月株主優待が届く様にするのが楽しみです。

稼ぐコツは株の値上がりと共に配当金や優待もきちんと厳禁として考え、無駄使いしない事だと思います。

NISA投資は120万円まで非課税

a0003_001851
男性/20代

大和証券

NISAをはじめて、まず一番にメリットだと感じたのが、やはり手軽に始められるということです。NISAは非課税なので、通常では20パーセントかかる税がないので、投資でもうかった利益や配当金がそのまま自分の利益になるので、かなりお得な気分になります。

最大5年間で合計600万円まで非課税

1年間120万円で最大5年間でとなっており合計600万円までは非課税枠として利用できるので、少額投資をしている私としては、十分の枠です。120万以上の投資はしないです。

稼ぐためのコツとしては、買いと売りとタイミングは見計らって、焦らずにずっと我慢することだと思います。時には潔さも必要かもしれませんが、基本的にタイミングが来るまではじっと待つことが重要だとおもいます。

NISA投資の非課税枠が決めてだった

agenda-1462978_640
男性/50代

SBI証券

株投資で順調に収益をあげている時にNISAの制度が開始されました。収益分に対して課税されないという大きなメリットがある為、即口座開設しました。

100万円(現在120万円)の非課税枠で私は3万円以下の株を40銘柄ほど購入できました。とりあえず収益はでているので効果ありです。

非課税枠内で売買する

私は非課税枠内では、ほぼ1年以内で売買することを心がけています。余った分は翌年に持ち越せないので、年末までに使い切ってしまうことも考えています。

高額な銘柄を保有するのは危険が大きいと思いますが、IPOで当選した場合は大きな収益が出る確率が高いので非課税枠内に収めたいと思っています。いくぶん早めに損切して新しい銘柄を買っていくのが常套手段だと考えています。

NISA投資は頻繁に売り買いはできない

hands-1786272_640
女性/50代

SBI証券

NISAを始めたきっかけは、テレビや新聞等でかなり薦める内容を耳にし目にしたので、ちょっと面倒そうだけど、やってみようと思いました。始めてみてのメリットはもちろん税金がかからないことです。

私は私は株式と投資信託に利用していますが、株式などでは、価格の変動で、今いくらプラスになった、マイナスになったというのが、計算しやすいです。気を付けなければならないのは、1年間に利用できる枠は120万ですから、頻繁に売り買いはできません。

銘柄は慎重に堅実なものを

ですから配当の率のいいものを持つのがいいかとおもいます。税金が掛からないと言うことは、かなりうれしいことです。

購入する株式の銘柄の選択はやっぱり慎重に、堅実なものを選択することかと思います。

NISA投資の利益を、税金で持っていかれないように

analysis-1841158_640

女性/30代

SBI証券 https://www.sbisec.co.jp

NISA口座による株式投資を始める以前から、SBI証券に口座を開設しておりました。NISAの制度が始まった当初は各証券会社や銀行等がキャンペーンを実施しており、キャッシュバックをもらいたかったということがNISAを始めるきっかけでした。

NISAのメリットはやはり売却益に対して、税金がかからないことだと思います。これまではせっかく利益が出ても、税金でたくさん持っていかれてしまうという気持ちが強かったので、NISAで株式投資をして良かったと思っています。

 損失が出ても利益と損益通算はできない

ただし、NISA口座で損失が出た場合は、一般口座で出た利益と損益通算はできないようになっているので、長期(NISAだと期限があるのでその期限内)で保有して、利益が出ているうちに売却するのがコツだと思います。

NISA投資は証券会社のキャンペーンがきっかけで

background-20126_640
男性/50代

楽天証券 https://www.rakuten-sec.co.jp/

1.NISA投資を始めたきっかけ:
証券会社のキャンペーンに乗せられました。

2.NISA投資を始めて良かったこと:
節税効果を自覚するほど儲かってません(笑)。

3.NISA投資のメリット:
同上。

債券と組み合わせる事でリスク分散

4.NISA投資で稼ぐためのコツ:
NISA投資だろうがなかろうが、投資信託というもので一攫千金のギャンブル勝ちを志向するのはいかがなものかと思います。よく言われることですが、コツコツと長期投資をし、短期的には損得しつつも、長い目で振り返れば、銀行預金では得られぬそこそこのプラスが生まれていたというパターンではないでしょうか。

ひとつコツ的なものがあるとすれば分散投資でしょうか。株式だけでなく債券と組み合わせることでリスク分散にはなるようです。

NISA投資のコツは長期保有すること

under-construction-1776642_640
女性/40代

https://www.rakuten-sec.co.jp 楽天証券株式会社

NISAを始めたきっかけはNISA口座で投資信託や上場株式等を運用し譲渡益や配当金等が出た場合それらへの課税分が非課税になりお得であるとあちこちで宣伝していたからです。初めてのよかったことは実際に特定口座とNISA口座で同じものを運用してみるとやはりNISA口座の方が増えていることを実感できたことです。

5年間の非課税期間が終わった時は注意が必要

このように非課税であることがNISAのメリットだと思います。稼ぐコツは多少マイナスになっても長期保有するように心がけることだと思います。又、まだ先の話ですが5年間の非課税期間が終わった時、購入時より価格が下がっていた場合はその価格が購入価格となりその後の利益に対し課税されることになるのでその点に注意していくことだと思います。

NISA投資ができた背景

accounts-1238828_640
男性/30代

SBI証券 https://www.sbisec.co.jp/

私が株式投資を始めたのは高校生の頃でした。もう、15年ほども前のことになるでしょうか。

当時はネット証券の凌明期で、各社がサービスや手数料を競っていた頃でした。その頃からの永遠のテーマは、手数料や経費をいかに抑えるか、というところにありました。

特に特定口座の「源泉徴収あり」を選択してしまうと、取引益の課税相当額を自動的に徴収されてしまい、次回投資の際の資金効率があからさまに低下してしまいます。

かといって、源泉徴収なしを選択してしまうと、確定申告の手間が増えてしまうため、これまでは資金効率の低下に目を瞑って、源泉徴収ありでの取引を行っていました。そんな中始まったのがこのNISAです。このNISAという制度を使うと、少額投資には限られますが、無課税での取引を行うことができます。

初めての投資におすすめ

この大きなメリットを活かせば、これまで投資を行っていなかった方々にとって、大きな効果が得られることと思います。株式投資は、特に資金が少ないうちこそ難しいもの。

このメリットを生かして大きなリターンが得られることを期待しています。

関連するコンテンツ