家計の節約に必須!クレジットカードでポイントを貯める方に徹底インタビュー

クレジットカード

クレジットカードをお得に利用したい、ポイントやマイルを効率的に貯めたいという人は増えています。ポイントサイトを利用していたり、アフィリエイトで稼いだり、クラウドソーシングサービスでお小遣いを稼いだり様々です。クレジッドカードは賢く利用すれば、現金を普通に支払いで使うよりもお得です。今回はクレジットカードを賢く利用して、「ポイントやマイルを貯めている」方にインタビューしてみました。ポイント還元率や利用方法を気にする方はぜひ参考にしてみてください。

三井住友のVisaデビュープラスで年間ワールドポイントが600ポイントほど

男性 20代

一年間では、携帯代、ガス代、ネット代が固定で、約10000円ほどです。それにプラスして、たまにネットでの買い物(amazonが主)を行なったり、食費(スーパー、コンビニ)にかけたりしています。月の平均的な使用額でいうと、18000円ほど使用しています。また、使っているクレジットカードは三井住友のvisaデビュープラスというカードを使用しております。

年間では、ワールドポイントで600ポイントほど溜まりました。利用開始後数ヶ月は5倍になるようですが、それは無しの計算です。基本的には普段の買い物や、ネットでの買い物で使うことが多いので、すべての支払いをクレジットカードで行なっているわけではありません。

利用する場所でクレジットカードを選択

クレジットカードの還元率を意識してのカード選びは行なっておりません。しかし、現金で買い物をする際よりはなるべくカードで支払い、ポイントを貯める意識は行なっております。また、Tポイントカードなどを併用することで、クレジットカードだけではなく、ポイントを貯めることを意識はしております。

現在クレジットカードは先ほど述べた三井住友visaデビューカードの他に、楽天カードを所持しております。しかし、楽天カードに至ってはほぼ使ってはおりません。楽天ポイントを貯める理由が自分にはないためです。

最低交換ポイントの下限があるため、現在では極力三井住友visaデビューカードでの支払いのみで対応しております。私が所持しているカードはこの二枚のみとなります。

利用しているクレジットカードと取得したポイント

  • 三井住友デビュープラス
  • 年間利用額 22万円 , ワールドポイントが600ポイント

マルイのエポスカード(ゴールド)でお得に利用

クレジットカード

男性 40代

クレジットカードは買い物をする時には基本的に使用しているため一年で約100万円程度使い15000円分のポイントが貯まっています。ゴールド会員のため年間で100万円以上の利用につきボーナスポイントが貯まるのです。

カードはマルイで発行しているエポスカードです。そもそものきっかけはマルイでのファッションアイテムを購入することがメインでしたが今ではコンビニやスーパーでの買い物に良く利用しています。特に良く利用するのが地元にあるイオンや駅前にあるセブンイレブンです。

週の半分以上は来店しポイント付与だけでなく決済スピードの利便性を目的に利用しているのです。それ以外ではユニクロやドンキホーテなどの量販店での買い物にもカードを利用しています。

エポスカードのメリット

  • 決済スピードの利便性
  • コンビニスーパーで利用可能なところ

ガソリンの割引、コンビニでの割引用途でクレカを使い分け

還元率はほとんど意識したことがありません。極端に還元率が悪いと感じていれば他のカードを利用するとは思いますが通常こ範囲内のため利用し続けています。

カードは全部で3枚持っています。ガソリンを入れる時には、「出光のマイドカード」を利用しポイントというよりもガソリンの割引目的で使います。リッターあたり2円が割引になったり洗車こ割引特典が充実しているためポイントよりもお得感があるからです。

TSUTAYAやファミリーマートなどの提携先の場合にはティーポイントファミマカードを使うことで割引などの特典を受けています。ドリンクやパンなどは少ないながらも割引があるためファミリーマートに行った時には必ずカードを利用しているのです。

水道光熱費などすべてをクレジットカードで支払い

女性 40代

私は、クレジットカードは、イオンカードのゴールドカード(VISA)を主に使用しています。
月々の支払いが、水道光熱費が約2万円、携帯の使用料が約4万円、車のガソリン代の支払いが約1万5千円ほどになります。その他、車の損害保険の年払い、家電等の購入時等にクレジットカードを主に使用しています。
その他にも、臨時的に大きな買い物をしないといけなくなったときにも、クレジットカードを使用して買い物をすることもあります。大きな買い物のときには、ボーナス払いも利用することもあります。
1年間で約100万円くらいのクレジットカードの使用になります。
その金額のクレジットカードの使用で、約10、000ポイントが貯まりました。

  • 1年間クレジットカードの利用額 = 100万 = 10,000ポイント = 10,000円

私は、クレジットカードは全部で2枚持っています。
イオンカードのゴールドカード(VISA)と、OMCキティカード(JCB)の2枚になります。
クレジットカードのポイント還元率は、常に意識しています。
毎月の水道光熱費等の支払いや、携帯電話の使用料、車のガソリン代の支払いをそのまま現金で普通に支払ってもポイントは何も付きませんが、それをクレジットカードを使用して支払うことで、ポイントが貯まっていくことに、とてもお得感を感じます。
家電等が壊れたりして、大きな買い物になったときも、あえて、クレジットカードでの支払いにします。
買い物をするときは、常にクレジットカードのポイント還元率は頭に入れて、買い物をしています。

楽天カードを楽天市場で利用。常に2%以上の還元率

クレジットカード

男性 30代

楽天カードをメインに利用しています。クレジットカードは2%以上の還元率になる楽天市場にて主に使用しています。通常に店舗に買い物に行くよりもお得に買えるもの(電化製品の周辺機器など)、持ち帰りには少々重たいもの(お米10kgや大容量パックの食材など)を購入しており、年間で約5万円くらいのクレジット利用をしています。
次に、食材の安いスーパーを一ヶ所決めており、場所によりクレジット払いが可能な店舗があるため、そこの店舗に毎週1800円程の一週間分の買い物をしているので、年間で約8.6万円の1パーセント還元率で860ポイント程の獲得をしています。

楽天市場で還元率が4倍になったりする商品もあるため、2016年は総合で約1500ポイント程の楽天ポイントを獲得しました。ポイント還元率はものによりです。

ポイント還元率が高くて商品プライスがお得なのであれば一番の選択する理由になりますが、商品プライスが他社よりも高めに設定されていれば還元率と価格の差を考えて、還元率が低くても総合的にお得なのであればあえて低い商品を選ぶ事もあります。それでも、最低2%もらえる楽天市場は十分にお得な買い物が出来ると思って商品購入をしています。
クレジットカードはEdy機能付きの楽天カード、MUJIカード、みずほ銀行のキャッシュカードと一体型になっているセゾンカードの3枚を持っています。MUJIカードはほとんど利用していないなく、セゾンカードは携帯電話やNHKなどの固定費用に利用。楽天カードをメインに利用中です。

  • 楽天市場で非常にお得なのが楽天カード
  • ネットショッピングを利用する人はほぼ必須と言っても良い
  • クレジットカードを複数枚持つのは基本

 ネットショッピングなどあらゆるところで楽天カードを利用

女性 30代

ネットショッピングや子供の学習教材費・生活において不可欠な光熱費等の支払いに使用しています。カード会社は、ネットショッピングなどでポイントのポイント増額企画のある楽天カード・Yahooカード主に使っています。ネットショッピングサイトの、ポイント増額企画は見逃さないように毎日ネットショッピングサイトに入って必ずチェックしています。

ネットショッピングのストアーによっても、ポイントの落差があることもしっかり確認することもとても大事です。いかに送料がかからずなおかつ、お安くネットショッピングにてポイント増やしていくことは、自家用車のガソリン節約にもなり物価高のこの時代の一般的な節約術とわたしはかんがえています。

ネットショッピングを賢く利用して、ポイントを多く貯める

ネットショッピングおいて、ポイント増額の日・ストアーによるポイント増額の企画を有効活用しさらなるポイント増額を確実にしています。

カードの枚数は、シンプルに2枚限定で使用しています。楽天カードとYahooカードはそれぞれネットショッピングサイト持ちポイントを貯めるのにとても適したカードだとかんがえて限定で使用しています。ネットショッピングサイトの品ぞろえ豊富さは、マーケットの中でもも指折りです。近ごろはスーパーマーケットやデパートなどで、電子マネーの利用でポイントがつきますがネットショッピングよりは増額が見込めません。

それらの買い物より、はるかにネットショッピングの方がより多くのポイントを短期間で貯めるのに適していて使用しています。

  • 子供の学習教材費、光熱費などで利用
  • 楽天カードはポイント増額企画がほかのカードよりも多いのでサイトをチェックしている

保険、水道光熱費などで100円以上の買い物はすべて楽天カード

女性 40代
クレジットカードは、「楽天カード」、近所に所在している大型ス
ーパー「ミスターマックスカード」、そして「無印良品セゾンカード」と3枚の年会費無料のものを所有しています。100円の使用毎に1ポイントつくという大変お得な「楽天カード」をメインに、あとはそれぞれの特性を利用し、必要に応じて使用しています。

医療保険、任意保険や車検、その他大きな買物はもちろん、光熱費や通信費、ガソリン代、食費や衣料品など、日々の細々とした買い物も百円以上なら還元率No1の楽天カードで支払うようにしています。

なので、使用頻度が少ない年でも、最低年間60万円は超えています。貯まったポイントは、趣味や自分への御褒美など日々のストレス発散に大いに貢献してしてくれています。

「ミスターマックスカード」は、カードで支払うと、もれなく5%の割引してもらえる、という大変お得な日が月に数回設定されているので、食品や雑貨、家電などその時々に必要なものがあるような場合には使用しています。そして最後のセゾンカード。これは買物では全く使用しないのですが、意外なお得な使い方があります。

なんと所有しているだけで毎年、5月、12月、そして誕生月に、それぞれ500円の割引、トータルで年間1500円の割引が受けられるのです。無印良品好きの私にとっては、かなり嬉しい特典です。今のところ、この3枚で満足していますが、より自分の生活にフィットするカードがあれば、もう2枚くらいは増やしても良いかな?と思っています。

公共料金・楽天証券などの信託にも利用

男性 50代
お金を使う必要に迫られた時は。出来るだけクレジットカード払いにしています。2016年は平均して月に13万円くらい、年間156万円くらい使いました。ポイントは約15000ポイント貯まりました。
カードは楽天カード(JCB)です。使い道はまず毎月の公共料金、及び決まった支払いです。電気、ガス、国民年金、河北新聞の購読、ドコモ携帯料金、スカパー視聴料、パソコンの通信代、楽天証券の投資信託の積み立てなどです。
日常の買い物にも毎月のように使います。大手スーパーのヨークベニマルや地元のウジエスーパー、ホームセンターのコーナンで食料品、日用雑貨品を買います。コンビニでの買い物ももちろんカード払いです。それから外食や散発代、車のガソリン代もカード払いです。とにかくできるものは全てカード払い、カード払いできるかどうか常にアンテナ立ててます。

楽天カードのポイント還元率は1%。そんなに調べてはいませんが他のカードも大体そのぐらいの還元率ではないかと思っています。カードは他にもう一枚CF(VISA)カードを使用していますが、殆ど使いません。それでも2枚持つのは、楽天カードは財布、CFカードは名刺入れに入れています。家を出る時、車を出てお店に入る時に財布を忘れる時もあるからです。基本的には楽天カードがメインです。

爆発的にポイントが貯まる訳でもないので、楽天カードに絞ってポイントを貯めます。楽天市場に豊富な商品があり、使い道があるからです。また極まれにですが、大きな買い物が続いて限度枠に達してしまいカードが使えなくなる時があるので、その意味でも最低2枚は必要です。

  • 利用用途が多岐に渡っているので楽天カードを利用
  • 大きな買い物が続くことに備えて、クレジットカードは2枚持ち

エポスカードで貯めたポイントをクオカードなどに交換

女性 20代

クレジットカードは、エポスカードを主に使っていて、ネットショッピングやコンビニでよく使用します。毎月6万ぐらい支払っていて、1年間で72万円ほど支払っています。ポイントは1ヶ月に200ポイント付いてることが多いので、年間で2000ポイントは貯まります。

貯まった後は、クオカードや商品券に交換します。他にも、ルミネカードを使っていて、ルミネでショッピングするときや、支払が3000円以上の買い物する時によく使用します。毎月3万ほど支払っていて、年間で約36万ほど支払っています。エポスカードに比べて、ポイントはなかなか付かず、少なくて500ポイントしか貯まりません。多くて1000ポイントギリギリで溜まるぐらいです。

クレジットカードは、エポスカードとルミネカードの2枚を持っています。両方、VISAカードです。エポスカードは、簡単に早く作ることができたので作りました。年会費が無料なのが魅力です。

ルミネカードは、初年度の年会費は無料ですが翌年から年会費があります。しかし、ルミネでショッピングすると5%オフになるのが魅力的です。よくルミネでショッピングをするので作りました。クレジットカードは、ポイント還元率を意識して使っていません。何円で何ポイント溜まるのか、把握していないので考えません。ネットで明細書を見る時にポイント確認して、貯まっていたら何に交換しようかなと考えます。なので、普段からポイントを意識して買い物はしていません。

  • エポスカードは年会費無料なのでお得
  • ルミネカードはショッピングを行う方はお得

楽天の独自アプリで楽天カード・ポイントを高還元率に

女性 30代
楽天カードを使っています。
買い物はもちろんのこと、日常生活のありとあらゆるもの(スーパー、コンビニ、公共料金、携帯、など)をカードで支払っています。
毎月20万〜30万くらいの請求がくるため、その10%はポイントが付いています。
年間では、かなりのポイントが付いていて、楽天での買い物に使えるのですが、ポイントの期限がないため、今は20000ポイントくらい溜まっています。
主人も楽天カードは持っていますが、家計費から引き落とされるとややこしくなるため、主人の趣味で買うものは、銀行で作らされた提携のクレジットカードを使っています。
こちらは月5万くらいで還元率は把握していませんが、先日はポイントでビールをいただきました。

ポイントの還元率は、少しは意識しています。
コンビニで少額のものを買っても、申し訳ないなと思いつつ、ポイントが付くようにクレジットカードを使っています。楽天カードを主に使っているため、ポイントが少しでも多くつくアプリを使ったり、同じ商品でもポイントの倍数によって買う店を選んだりしています。
クレジットカードをたくさん持つのは嫌だし、まとめてポイントを付けたいので、1枚しか持っていません。
主人は、銀行で作った提携のクレジットカードを持っています。
また、家電はほぼエディオンで購入し、エディオンカードで購入しないと、壊れたときの保証期間が短くなるので、家電を買うときのみ、エディオンカードを使っています。

  • 楽天カードは、アプリなどの利用で最大6%にもなる
  • 基本の還元率は1%で通常のクレジットカードよりは高い

 

女性 20代
1年間の支払額は約50万円です。クレジットカードは2枚持っていますが、買い物に使用しているのは東急電鉄のTOPカード(MASTER)です。もう1枚のEPOSカード(VISA)は、予備として財布に入れて持ち歩いてはいますが、ここ2年間支払いに使用していません。

TOPカードのポイント還元率は、カード明細を紙で発行しない(ウェブサイトで確認する)ことに同意しているため、通常より高い1%です。更に定期券の購入や、系列のデパートでの買い物にはポイントがプラスされるため、ポイントは1年間で約7,000ポイント(7,000円相当)貯まります。
利用場所は、主にデパート、スーパー、コンビニです。そのほか自動引き落とし(携帯電話料金)、インターネットでの買い物(ネットショッピング、旅行ツアー申込等)にも使用しています。

クレジットカードは2枚持っています。東急電鉄のTOPカード(MASTER)とマルイのEPOS(VISA)カードです。EPOSカードは、年会費が無料であり、かつ旅行保険が付帯していたため作成した「予備」のカードであり、普段買い物に使用しているのはTOPカードです。

ポイント還元率が高いこと、定期券の購入や駅・コンビニでのPASMOを使った買い物にもポイントが付くこと、ポイントを使いやすい(PASMOにチャージしすぐ使用できる)ことからTOPカードを選びました。大きな買い物をする際には、「〇円分のポイントが付くことを考えると実質〇円で購入できる」と計算しています。

  • 東急電鉄TOPカードは電車などを利用する時に便利
  • PASMOへのチャージがしやすい
  • サブカードはエポスカードで還元率が良いから利用している

 

まとめ:クレジットカードは利用用途・シーンで選択

ご紹介したようにクレジットカードを選ぶ理由は、

  • 自分の生活スタイルに馴染んでいるかどうか
  • コンビニやスーパーでの利用がおおいか
  • ネットショッピングでの利用が多いか
  • ファッションなどマルイなどでの利用が多いか
  • 年会費無料なクレジットカードかどうか

など幾つかに限定されてきます。

自分が利用するときにどのように利用したいか、そのポイントで何をしたいかなどを考えておくと自分にぴったりのクレジットカードに出会えるでしょう。

今回の調査を参考に自分にあうクレジットカードを探してみてくださいね!

関連するコンテンツ